輸血医療について

輸血というのは人間だけの治療法だと思われていませんか?

最近は動物医療も進歩し、人間と同様に多くの動物たちが輸血医療を必要としてます。
しかし、人間と違い血液バンクがありません。
そのため動物病院で用意できる血液のみでは対応することが困難な状況にあります。
輸血治療は助かる可能性のある小さな命を救うため、不慮の事故や病気で血液を必要とする
動物たちにとって、大きな役割を果たしているのです。

献血犬を募集しています

当院では献血犬を随時募集しています。

募集要項

①犬
②体重5㎏以上
③年齢1~満8才
④各種伝染病ワクチン接種済み(毎年1回)
⑤各種寄生虫の予防(フィラリア、ノミ、ダニ)
☆献血の際には健康診断(簡単な血液検査、初回の血液型検査を含む)のサービスを行なっております。

<採血方法について>
◯ご協力頂ける動物たちの採血は、短時間で終了させ負担を少なくするために、太い血管(首の部分)より行ないます。
◯血液を安全かつ清潔に採取するため、首の部分の毛を少し刈らせていただきます。
◯採血時に暴れて安全に採血が行えない場合には、獣医師の判断で軽い鎮静剤を使用することがあります。

ご協力頂ける方、興味がおありの方は、お気軽にスタッフまでお尋ね下さい。

実際の献血の流れ

①問診+身体 一般検査

ワンちゃんの現在の状態をお聞きします。
その後、簡単な範囲での健康診断をさせていただきます。

②血液検査

採血して大丈夫か、どこか内臓に
悪いところはないか血液検査をします。

③採血

首から採血させていただきます。

④ごほうび

がんばってくれたワンちゃんにごほうびのお食餌を。